MENU

ホワイトハウスコックス

ホワイトハウスコックスは、イギリスの老舗ブランドです。
元々は馬具を作っていたブランドですが、馬具は強度や耐久性も求められるのでその良さを生かし、かばんやベルト、財布なども手がけるようになりました。
ホワイトハウスコックスの最大の特徴は、10週間かけて鞣しや染めという工程を経て完成する、イングリッシュブライドルレザーを使用しているところです。
樹皮や種子、自然の草木を使いタンニン鞣しにしてから、天然の染料で革の内部までしっかりと染め上げます。

 

イギリスには高級ブランドもたくさんありますが、ホワイトハウスコックスもその一つです。
しかし高級ブランドでありながら、3万円から5万円という価格帯なので購入しやすいと思います。
自分用にももちろんですが、最近は日本でもホワイトハウスコックス人気が高まってきており、名前も浸透している事からプレゼントにも最適です。

 

男性はあまり大きなカバンを持ち歩きたがらない人もいますが、ホワイトハウスコックスの大容量長財布なら、お金以外にカードやポケットなど収納力も抜群なのでお財布一つで済みます。
カラーバリエーションも何色かありますが、ブラックベースに内装とステッチに赤を取り入れたブラック・レッドなど遊び心のあるデザインも特徴です。
同じタイプでネイビーとマリンブルーの組み合わせもありますし、カーフ素材などもあるので選択肢は豊富です。
アラウンドジップタイプの長財布は、スイス製のriri社のジッパーを採用しているので安心です。

メンズ財布ブランドの「ホワイトハウスコックス」の特徴や口コミを紹介

どんな財布を買おうか、ものすごく迷いますよね。
日本で購入できる財布のブランドは多種多様で、その人の好みや予算によって選ぶのが一番です。
そこで、今回は「ホワイトハウスコックス」というブランドの特徴や口コミを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
知っている人ぞ知っているホワイトハウスコックス、きっとお気に入りの一品が見つかると思いますよ。

 

ホワイトハウスコックスは1875年創業のイギリスの革製品の老舗ブランド。
イギリスには革製品のブランドがたくさんありますが、特にホワイトハウスコックスは100年以上も続く老舗の実力派ブランドと言えるでしょう。
ホワイトハウスコックスの財布の大きな特徴は、ブライドルレザーを使用しているという事。
ブライドルレザーとは、牛革の一種ですが、蜜ロウ・タロウ・植物性油等をどんどん塗りこみ、長いものでは、1年以上も制作に時間がかかるという高級品です。
それだけ手間がかかっているので、価格は決して安くはないですが、価格以上に満足できる財布です。

 

仕事用、プライベート用どちらにも使いたいという方には「ホリデーライン」が特におすすめですね。
こちらは、ビジネス+カジュアルをミックスさせたような財布なので、ビジネスシーンでは邪魔をせず、プライベートではインパクトを与えることができるラインです。
雑誌にも掲載されるほど人気のブランドということで、「持っているだけでステータスを確立できる」「オシャレに見える」など満足されている方が多いようです。