グッチのメンズ長財布って

メンズ長財布人気ランキング、20代30代40代

MENU

グッチのメンズ長財布

グッチと言えば世界を代表するブランドの1つです。
国籍、性別、年代を問わず世界中で愛されているブランド。
特に女性に高い人気を誇るグッチですが、もちろんメンズ用アイテムも充実。
メンズ長財布もその1つです。

 

グッチのメンズ長財布といえば

やはりその高級感あるデザインが特徴になるでしょう。
洗練されたデザインは、定番のものから独特なデザインのものまで幅広く、それぞれの人に合った財布選びを実現しています。
カラーバリエーションも豊富です。
黒や茶といったおなじみのカラーだけでなく、赤や青、オレンジといった明るめのカラーもあります。
とにかくデザインを選んでいるだけも楽しい、これがグッチのメンズ長財布。
かといって奇抜過ぎることもなく、どんなシーンにも使えるのが魅力です。

 

値段

価格帯も広く、高いものなら20万円弱くらい。安いものなら6万円前後となっています。
予算的に10万円以上するものは買えない、そんな方にもぴったりな財布があるのがグッチです。
これは若い層からの支持を集めることにつながり、世代に合わせてデザインや価格を設定していることがわかります。

 

もちろん、機能性の面でも優れています。
どんなにデザインが良くても使い勝手が悪いと、財布としての魅力は半減。
グッチのメンズ長財布は収納力もあり、単純に財布として使いやすいです。
この点もグッチのメンズ長財布が高い人気を集める理由でしょう。

歴史的なこと

GUCCIは1921年イタリアのフィレンツェで、カバンなど皮革製品を製造販売する工場として誕生しました。世界に先駆け、デザイナーのブランドを直接商品に入れたことで有名です。過去から伝わる良き伝統を最高の品質で、現代に反映させる製品造りを自ら名前を入れることでアピールしたかったからです。後に馬のデザインであるホースビットがヒットしました。ホースビットは1953年に登場したメンズモカシンに取り入れられ、当時のハリウッドスターの足元のワンポイントになりました。GUCCIが日本に上陸したのは1964年、東京オリンピックの年です。銀座のみゆき通りにGUCCIショップがオープンしました。その後、日本国内でも本格的にビジネス展開を目論み、1999年青山にオープン。2009年には女性用フレグランスを発売しました。。フレグランスとは、香水やコロンは元より、化粧品、トイレタリー製品、、芳香剤などに使用される香料のこと。現在、皮革製品や、時計、香水、服などを世界規模で扱うグローバル企業です。GUCCIオリジナルデザインの特徴は、イタリアンデザインです。イギリスのトラディショナルデザインよりファッショナブルな形、カラーで自分らしさをアピールできます。具体的には男のセクシーな部分をアピールできるアイテムです。カラーコンセプトは単色。フェラーリのように、黒でも赤でも鮮やかに鮮明なカラーがイタリアンのそしてGUCCIのテイストです。