ココマイスターのメンズ長財布について

メンズ長財布人気ランキング、20代30代40代

MENU

ココマイスターのメンズ長財布

ココマイスターは今、メンズ長財布のブランドとして急激に人気を高めているブランドです。
メンズ長財布と言えばココマイスター、そんな風に考えている方も多いのではないでしょうか。
ではなぜ、ココマイスターはそこまで高い人気を得ることができたのでしょう。

 

まず、ココマイスターのメンズ長財布は天然皮革で作られています。
人工皮革で作られたメンズ長財布も多い中、これはとても大きな魅力です。
しかも職人が1つ1つ手作りしているので、品質的にも優れており、長く愛用できる財布となっています。
男性は1つの財布を長く使い続けることが多いです。
だから、丈夫で長持ちしてくれるのは大きなメリットになります。

 

デザインは非常にシンプル。
でかでかとロゴマークが入っているなんてこともありません。
しかもシンプルでありながら洗練されたデザインで、高級感を演出してくれます。
あまり派手すぎるものや、ブランドが全面に押し出されたものは抵抗がある方にも最適です。
この点は日本のブランドらしいと言えますね。

 

高級感があり、しかも機能性にも優れているにも関わらず価格がリーズナブル。
これも人気の理由でしょう。
3万円を切るものも少なくありません。予算に合わせて幅広い財布選びができます。
これは幅広い年代に使ってもらえるというメリットです。
結果として多くの男性がココマイスターを選んでいます。

 

「デザイン」「機能性」「価格」

これら3つをすべて兼ね備えているのが、ココマイスターのメンズ長財布です。

職人

COCOMEISTERは日本製です。ブライドルレザーやマットーネを扱うには、専門の熟練した職人が対応しています。なぜ熟練した職人しか扱えないのかというと、COCOMEISTERの製品が破損した場合の対応が、熟練した職人にしかできないからです。COCOMEISTER独自の、ココクラブで永年保障が受けられるサービスがあります。修理が基本無料です。製品は長年の使用に十分耐えうる構造と素材を選び、熟練した職人が手作りしているので、自信があるからです。素材ごとに職人を選んでいます。イギリスの伝統を受け継ぐ皮革素材、イギリスのブライドルレザーを使っています。馬の手綱など、強度が要求される過酷な状況で耐え、それでいて美しい素材です。ブライドルはとても硬くてクセがあり、扱いが難しい素材なので、熟練した職人の腕が要求されます。マットーネ皮革は、バケッタ製法で造られています。これは、イタリアのトスカーナで1000年以上前よりの伝統技術です。使っていくに連れ、素材本来の艶や輝きが出てきます。手作りのため、同じものが2つとない希少さが受けています。マットーネ皮革と内側のヌメ革は最低限の加工しかしないため、使い込むほど味わいが出てきます。加工前のキズなどが残り、素材ごとに違いが出るためです。天然素材そのものの良さが使い込むほどに出てきます。最近ではヨーロッパで人気のカーフの、クリスペルカーフが話題です。見る角度で微妙に色が変わる感じと、手にしっとりと馴染む充実感が受けています。