バリーのメンズ長財布の特徴について

メンズ長財布人気ランキング、20代30代40代

MENU

バリー

「バリー」は、1851年にスイスで設立されたブランドです。

 

もともとは靴のブランドとして開業されました。
ハンドメイドの革製品にこだわり、160年以上も続く老舗ブランドです。
そういった伝統を引き継ぎながらも、最近では有名なアーティストとのコラボレーションを行うなど、
革新的なスタイルが高い評判を呼んでいます。

 

バリーは、財布だけでなくカバンや靴も展開しており、
いずれもバリーを表現する特徴的なラインが入っています。
白いラインの両サイドに、赤、もしくは黒のラインが入っているという、特徴的なデザインです。

 

その伝統的なラインは残しながらも、最近では、そのラインにメッシュ加工をしたり、
財布のセンターではなくサイドに寄せたデザインなど、変化をつけたものも出てきていますね。
このあたりが、長く続くブランドとしての「残していくところ」と、「変化させるところ」の
絶妙なバランス感覚なのでしょう。

 

価格帯

2万円から5万円といったところが多いのですが、それ以上のものも、それ以下のものもあるため、
幅広い層の人に受け入れられていますね。

 

柔らかくてしなやかな革は、最初に持ったときから手触りが良く、
使い続けることによってより手に合う形になります。
お札やカードの出し入れもスムーズなので、使っている人からは満足度の高い声も聞かれますね。

 

良質な革を使い、機能性も抜群で、価格も手が届きやすいので、
定番のブランドから買い替える人も多くいます。

 

歴史あるものと革新的なものの組み合わせを手に入れたいのであれば、
バリーの財布がオススメです。