メンズ長財布人気ランキング、20代30代40代

メンズ長財布人気ランキング、20代30代40代

MENU

メンズ長財布ブランド【総合】ランキング

当サイトで人気のメンズ長財布ブランドをランキング表示しました。
20代・30代・40代の総合ランキングです。
財布をプレゼントしようと思っている方、購入を考えている方、参考にして下さい。

 

 

ココマイスター

「欧州最高級皮革」を「日本の職人」が縫製するクオリティブランドです。
ブランドを強調していない外観は、シンプルでスタイリッシュ。
内装は使い勝手を考えて、職人が一つ一つ細部まで丁寧に作りこんでいます。
このあたりは、日本のブランドらしいですね。

 

ココマイスター

 

シンプルでありながら洗練されたデザインで、高級感を演出するココマイスター。
派手すぎるものや、ブランドが全面に押し出された財布に抵抗がある方には特にオススメです。
さり気なく、上品な大人の男を演出してくれますよ。

 

高級感があって、機能性にも優れているのに、リーズナブルな価格。
メンズ長財布のブランドとして、今、急激に人気を高めている理由が分かります。

 

ココマイスター

 

 

ポール・スミス

英国伝統様式をベースに、伝統的なスタイルと流行の先端を融合し
今日的テイストを加味したデザインで、日本の若者の間で人気急上昇のブランドです。
スタイリッシュなデザインとストライプ柄は、仕事や遊び両方に使えて経済的。

 

若い世代の方に人気のブランド「Paul Smith(ポールスミス)」のメンズ物財布は
折りたたみから長財布まで、種類が豊富で、お値段も手頃。
2万円くらいから買える気軽さがうけています。
なので、このブランドのアイテムを愛用している20代の男性はとても多いですよね。

 

革素材を使ったアイテムも、もちろん豊富に取り揃えられています。
王道の中、どれを選んでもハズレなしの安定感のあるブランドです。

 

ルイ・ヴィトン

世代を問わない魅惑のブランド、ルイ・ヴィトン。1854年、旅行鞄専門店としてパリに誕生。
妥協なきクラフツマンシップと、創造性への情熱により生まれた製品は、多くの人に愛されています。

 

モノグラム、ダミエの2つのデザインは、特に有名です。
日本の家紋や唐草模様を参考に作られたとのこと。日本人には親しみの持てるデザインですよね。

 

メンズ長財布にも、モノグラムとダミエは使われています。
モノグラムとダミエは、素材が軽くて丈夫。
しかも防水性にも優れていますから、常日頃から持ち歩く財布として、機能性の面でも心配がありません。

 

ボッテガ・ヴェネタ

伝統的な革製品作りの技術を活かしながら、カジュアルで機能的なアイテムを提案する
今、最も注目すべきブランドの一つです。1966年、イタリアで創業。

 

ボッティガ(工房)の名前の通り、手作業による滑らかなめし革の皮ひもを編む「イントレチャート」が
ボッテガヴェネタ財布アイテムの、最大の特徴。とても魅力的ですよね。

 

オシャレな財布を求める、30代から40代の方たちからの支持が高い支持を得ています。

 

ブルガリ

シンプルなデザインのものが多く、それでいてブルガリのロゴがさりげなく光ります。
シンプルだから安っぽいなんてことはもちろんなく、その高級感はさすがブルガリといった感じ。
財布としての使い勝手も良く、持つだけで大人の男になれた気がします。

 

オシャレはシンプルに、そしてさり気なく。
そう考え方の男性には特におすすめしたいブランドになっています。

 

コーチ

現在アメリカには200以上の店舗を持つコーチ。
1941年にニューヨーク・マンハッタンで始めた、家族経営の皮革小物工房が発祥です。
名前の由来、COACHとは英語で馬車のことなので、大切な物をお客様に届ける。
馬車はアメリカ開拓の象徴なので、『開拓する』精神を表した。と、諸説あります。

 

コーチのメンズ長財布は独特なデザインのものが多いです。
黒や茶といった定番のカラーを選んでも、他のメンズ長財布とは少し違った雰囲気を出せます。
なので、特にオシャレさを意識したい男性からは高い支持を集めています。

 

また、洗練されたデザインでありながら機能性も失われていません。
機能性はデザイン以上に重要ですが、コーチのメンズ長財布ならまったく問題ありません。

 

ダンヒル

1893年、父の馬具製造業を引き継ぎダンヒル社として創業以来
110年を超える歴史があります。
1920年代には皇室ご用達のブランドにまで成長。

 

「MOTOR(自動車)」と「AUTHORITY(権威)」を組み合わせた
「MOTORITIES(モートリティーズ)」は現在も主力ラインナップのひとつ。
イギリスを中心としてヨーロッパのビジネスマンに圧倒的な人気を誇っています。

 

グッチ

1923年創業。 世代を超えて愛されるトップブランドです。ブランドコンセプトは
「最上の伝統を最上の品質で、しかも過去のよいものを現代に反映させる商品作り」。
ダブルGのモノグラムは、今でも世界中で愛され続けています。

 

黒や茶といったおなじみのカラーだけでなく、赤や青、オレンジといった明るめのカラーもあります。
とにかくデザインを選んでいるだけも楽しい、これがグッチのメンズ長財布。
かといって奇抜過ぎることもなく、どんなシーンにも使えるのが魅力です。

 

ホワイトハウスコックス

1860年、設立。1920年までは乗馬用の高級馬具、英国軍の軍需用アイテムなどを製造。
1930年代よりペット用の首輪に始まり、ブライドルレザーを使ったスモールレザーグッズなど
ファッション性の強いアイテムが加わりました。

 

現在のブライドルレザーの商品も1930年代同様、
伝統に裏打ちされた確かな技術力によって当時と同じ製法で作られています。

 

とにかく革の質が良くって、長く使っていきたい方にはピッタリ。
使い込むことで、どんどんと良い顔を見せるようになります。
メンズ物の醍醐味、「味出し」を存分に楽しめますよ。

 

カルバン・クライン

シャープで洗練されたデザインが魅力の「カルバンクライン」。
アメリカを代表するファッションブランドとして世界的にも有名です。

 

シンプルでスタイリッシュなデザインの長財布なので、
年齢問わず幅広い世代で使えます。

20代男性に人気のブランド

20代というと、学生さんや新社会人、そして仕事にも慣れてきて立派な社会人として成長した年代です。
この年代になると、そろそろ財布も大人っぽいものを持ちたいところ。
ただ、あまりに高い財布だと、少し背伸びをしている感じがしてしまいます。

 

なので、20代の男性は、価格的にはリーズナブルでありながら、オシャレで質の良い財布が人です。
また、2つ折り財布よりも長財布が主流になってきます。

 

そんな20代に人気のメンズ長財布ブランドといえば、やはりポールスミスは欠かせません。
ポールスミスのメンズ長財布の最大の特徴は、なんといってもカラーバリエーションが非常に豊富なこと。
メンズ長財布は通常、黒や茶系統のカラーが多く、それほど幅広い選択肢がありません。
だから、みんなが同じような長財布を持つことになってしまうのです。

 

でも、ポールスミスでは、赤や青といった個性的なカラーも豊富に揃っています。
かといって派手すぎず、落ち着いた雰囲気を出してくれます。
まさに20代にはおすすめのブランドです。

 

他の人とは少し違った、自分の個性を出したい、そんな方にはポールスミスは最適。
価格も2万円代と高すぎず安すぎず、気軽に手を出せるのも魅力です。
もちろん、カラーバリエーションが豊富なだけではなく、長財布としての質も高くなっています。

 

ポールスミスと言えば有名ブランドの1つです。
その名に恥じない作りになっていると言えるでしょう。
財布のことはよくわからない方でも、安心して使えますね。

 

 

 

革の長財布

財布の中でも特に人気の高い長財布。
メンズ物ですと、革のものが支持されています。
革の長財布は、そこそこのものを使い始めたい20代から、
大人な小物で魅力を上げたい30代、40代、多くの年代の方たちに愛されています。

 

種類

20代男性に人気の、長財布のタイプは、ファスナーやキャッチ別で、5種類あります。
財布をぐるっと取り巻いているタイプ。L字型のタイプ。ボタンやホックで留めるもの。
ターンロック式タイプ、そのまま2つに折るタイプの5種類。

 

材質

動物の革を使ったものと合成繊維を使ったもの。両者を混合したものがあります。
動物には牛、馬、豚、ワニ、ヘビ、ダチョウなど6種類。

 

牛革にはブライドルといって、自然のなめしを使ったものがあります。
馬のお尻の皮からつくったコードバンは、光沢がキレイです。
合成繊維で加工されたものは、「塩化ビニール」「キャンバス生地」「レザー」など。

 

長財布の特徴

2つ折り財布のように膨らまないこと。
スーツのポケットにすっぽり収まって、とてもスマートです。
そして、2つ折り財布より一回り大きく作られているので、カード類や小銭も多く入ります。
ビジネスユースにもそのまま使えて、20代男性に支持されています。

 

20代くらいの若い世代の方ですと、子供っぽい財布はもちろん避けたいところです。
逆に高いものを買って、嫌味っぽくなってしまうのも嫌ですよね。
では、どのブランドが人気なのでしょう。

 

ランキング

20代男性に人気の長財布

Paul Smith(ポールスミス)

スタイリッシュなデザインとストライプ柄は、仕事や遊び両方に使えて経済的。

 

若い世代の方に人気のブランド「Paul Smith(ポールスミス)」のメンズ物財布は
折りたたみから長財布まで、種類が豊富で、お値段も手頃。
2万円くらいから買える気軽さがうけています。
なので、このブランドのアイテムを愛用している20代の男性はとても多いですよね。

 

革素材を使ったアイテムも、もちろん豊富に取り揃えられています。
王道の中、どれを選んでもハズレなしの安定感のあるブランドです。

 

Whitehouse Cox

乗馬用の鞍にも使われるほど丈夫な材料を使って
鞄、ベルト、ペットの首輪など幅広い用途に使われ、雑誌にも多く取り上げられています。
有害物質を使わないブライドルレザーは、イギリスの伝統品です。

 

その他、FAROやDOLCE&GABBANAも落ち着いた風合いとリーズナブルな価格が好評。

30代に人気のメンズ長財布ブランド

30代は社会人として働き盛りです。同時に男性としてピークと言えるかもしれません。
ファッションも大人らしさを取り入れていきたい年代ですから
長財布も大人らしく、それでいてオシャレなものを選びたいところです。
そんな30代に人気の高いメンズ長財布ブランドはどこなのでょうか。

 

今、グレンチェックというブランドのメンズ長財布が30代男性に大きな注目を集めています。
特に革の質にこだわりたい男性からは、絶大な支持。
実際、男性ファッション雑誌に取り上げられることも増えいます。
元々はそれほど知名度の高いブランドとは言えませんでした。
最近では有名ブランドとも並べるほど。

 

グレンチェックのメンズ長財布には、独特の光沢があって、他のブランドにはない雰囲気を演出できます。
オシャレにこだわると、やはり他の人と同じような財布では面白みがありません。
この部分はグレンチェックの魅力の1つです。

 

また、カラーバリエーションが非常に豊富。
定番の黒や茶にもバリエーションがあります。
グリーンやイエロー、シルバーといった独特のカラーも用意されています。

 

人の目を引くような個性的なメンズ長財布を持ちたい方にもグレンチェックはおすすめです。
特徴的な部分が多いのですが、それでいて落ち着きも感じさせる作り。
30代にはまさにぴったりなブランドです。

 

 

社会人として数年が経過

何らかのポストについている30代男性。
そのステータスにふさわしいアイテムに財布があります。
財布は通勤や食事の際、何気なく見られ、しかもその人を無言で語るものだからです。

 

その財布、20代の若者と同じようなものを使うわけには参りません。
2つ折りや3つ折りの財布は、なんとなく年配の方が使うあのふくらみがダサい。
長財布は、ちょうど良い30代男性人気のアイテムです。

 

30代男性に人気のブランドといえばCOCOMEISTER(ココマイスター)。
そんなココマイスターの人気長財布をランキングで紹介します。

 

ランキング
BRIDLE GRAND WALLET

 

形はシンプルで、落ち着きがあり、それでいてカジュアルウェアに合います。
表面と裏地は、すべてにブライドルレザーを使った贅沢な造りです。
全面レザーは、高級感が違います。

 

カード類が沢山入って機能的。
長くて幅の広いフォームで、余裕の収納性に満足。
常にCOCOMEISTERの売り上げ上位に入ります。

 

MATTONE LARGE WALLET

 

ユニセックスなデザインが、特に30代男性に支持されるロングセラーアイテムです。
とっても柔らかくて弾力がある手触り。ツヤツヤしていて質感が好評な長財布です。
外装はマットーネレザー。内装はヌメ革を使用。
かさばるカード類や小銭、1万円札がすっぽり入るサイズです。

 

 

MATTONE OVER THE WALLET

 

外側が格子状。軽くて、肌触りが柔らか。
ラフに扱っても大丈夫なところが支持されています。
本体内にもう1つファスナーがあって、開くと幅、奥行き共に控えめな小銭入れ。
使い込めばエイジング(経年変化)が起きて、変化していくのが魅力です。

40代に人気のメンズ長財布ブランド

40代ともなれば、普段持つ財布にもこだわりたいところ。
大人としての魅力がぐっと高まってくる年代です。
財布にも、それなりの質が求められますよね。
ポイントになるのは、やはり「高級感」です。

 

そんな40代に人気のメンズ長財布ブランドといえば、たとえばカミーユフォルネ。
カミーユフォルネはフランスの有名ブランドの1つ。
メンズ長財布としてはクロコ・リザード革を使っていることで知られています。

 

特徴は、何といっても革の品質が非常に良いこと。
どんなにデザインや使い勝手が良くても、革の品質が良くないと、どうしても安物感が出てしまいます。
カミーユフォルネのメンズ長財布なら、そんな心配もありません。

 

また、デザイン自体も大人な財布といった感じ。
高級感が演出され、大人の男性にぴったりの雰囲気を醸し出しています。
こうしたことから40代を中心に多くの男性に人気です。

 

エッティンガー

人気の高いブランドです。
英国王室御用達ということで、品質の高さには定評があります。
デザインも洗練されています。

 

見た目は非常にシンプルなデザインです。
財布を開くと、中は黄色などの明るめの色を使用。さりげないオシャレさを感じさせます。
派手すぎると若者向けといった感じになってしまいますが、エッティンガーはオシャレな大人にぴったりです。

 

メンズ長財布は、どうしてもデザインが似通ってしまいます。
その点、エッティンガーなら他の財布とは少し違ったセンスを感じさせてくれるでしょう。

 

 

40代の財布観

家庭での責任、仕事の重圧、背負うものは大きいけれど、働き盛り。
それが40代です。そんな40代の財布観。

 

財布は何かの拍子に見られてしまう、人目に触れやすいものです。
ファッションセンスも垣間見られてしまいます。
財布が妙に膨らんでいたり、ヨレヨレでは、安っぽい男だと見られかねません。
2つ折りや3つ折りの財布では、小銭やカード類とお札が重なって
ちょっとオジサン臭く感じることもあるでしょう。

 

スマートデザインの長財布は、大人を感じます。
それでは40代にふさわしい人気の長財布って?
ということで、40代に人気の長財布ブランドのランキングです。

 

CAMILLE FOURNET

ちょっと変わった素材ですが、ワニやヘビ革が今40代の男性の間で支持されています。
牛や豚にはない、独特の雰囲気が人気です。

 

DUNHILL

高級なスーツに代表される大人の定番ブランドです。
デザインがオーソドックス。ビジネスから特にスーツに合う色合いも豊富です。
価格も3万円台ぐらいで購入できます。

 

ETTINGER

イギリスブリテン王国の代表的なブランドです。
圧倒的な高級感でありながら、実にシンプル。
中を開けると、ブライドルを使った外側からは想像できないイエローやパープルの
みやびな雰囲気が大人心をくすぐります。

 

 

他にも、光沢が微妙に変化するBERLUTI。
使い込むほどにしっくりと馴染む万双。GANZOのCORDOVANなど。

リンクサイトです